魂を輝かせていきる。

社会との関わりを腑に落とす。(山羊座の満月)

社会との関わりを腑に落とす。(山羊座の満月)
社会との関わりを腑に落とす

7月17日、
山羊座の新月ですね。

これに先立って、
7月10日には、地球が土星と結び、
7月14日には、地球が冥王星と結びました。

地球から見上げると、
土星も冥王星も、山羊座にいます。

社会での自分のありかたについて、
見直してみるエネルギーに満ちていた時期。

どんな仕事が?
どんな働きかたが?
どんな社会との関わりかたが?

社会とどうやって関わっていきたいですか?

 

社会とは、
仕事でもあるでしょうし、
家族や身近な人でもあるでしょう。

ひとりで生きて、
自分が主人公!なのではなくて、

だれかと生きていく中で、
自分が主人公である、ためには?

どのように関わっていけば、
自分を尊重していけるのか?

夢、幻想、いくつかの物語

大きく潮目が変わりました。
立ち位置ががらりと変わった。

変わったことは、
すぐに表面化してくるかも知れません。

これから、徐々に、
少しずつ違和感を感じていくのかも知れません。

いずれにせよ。
人間は、変化するもの。

大きく潮目が変わるときには、
不安も迷いも、おこるでしょう。

それでも。

人生の主人公はあなたです。

あなたが尊重されるように、
あなたが輝けるように、
社会との関わりを見直していきながら、
変化していきましょう。

山羊座が極まってくる流れのなかで、
私の中でも、深い気づきがおこり、
潮目が変わりました。

魂の色というものがたり(アメブロ)

満月、新月と。カテゴリの最新記事